スマホで撮る!東京モノトーン

Leicaのレンズが搭載されている中国製のスマホを買いました。
スマホカメラの性能の良さにビックリ!
カラー撮影ではなく、モノクロ撮影で都内を散策します。

東京モノトーン〈51〉哀傷

4月6日に、富士フィルムがモノクロ写真用の
フィルムと印画紙の製造・販売を終了すると発表。
現在、フィルムカメラを使用していないが、
いざなくなるとなると愛おしさを感じる。
今は、デジタル時代。ニコンのパンフレットを見ていたら、
最高級カメラで画素数は4575万画素のカメラ(35.9mm×23.9mm)があった。
B全の全面写真のポスターにも対応できる。
今話題の大谷選手の迫力ある写真や画像をよく目にする。
とても綺麗で色鮮やかに撮られている。
カメラマンの腕の良さと同時に、デジタルカメラの性能や機能の良さを感じる。
デジカメの最大のメリットは、撮った写真をすぐに転送できる。
また、撮影した画像を思いのままに加工できるのもメリットかもしれない。
しかし、デジタル画像に少し不満がある。
ピクセル(ドット)で表現されているせいか、
フィルム特有の滑らかさ、淡さ、温かさを感じない。
こんな気持ちをいだくのは、単なるノスタルジーかも知れない。
フィルムへの賛美を送りながら、
今の自分は、スマホカメラで気軽に「パチパチ」と撮影を楽しんでいる。
※画像/我が家のボックスの中でホコリをかぶっているフィルムカメラ
    (Mamiya RB67)10年以上使用していない。