スマホで撮る!東京モノトーン

Leicaのレンズが搭載されている中国製のスマホを買いました。
スマホカメラの性能の良さにビックリ!
カラー撮影ではなく、モノクロ撮影で都内を散策します。

東京モノトーン〈61〉両国

浅草から隅田川を2kmほど下ると両国橋がある。
両国という地名は、2つの国に接した位置にあったのが由来。
江戸時代以前は、隅田川西側が武蔵国(むさしのくに)、
東側が下総国(しもうふさのくに)と呼ばれていた。
現在、両国橋西側は東日本橋だが、以前は両国橋西とよばれる地区があった。
両国橋東側が現在、両国と呼ばれている。
両国といえば、両国国技館。大相撲は東京で年3場所開催されている。
昔は、回向院(えこういん)の敷地で勧進相撲が行われていた。
大相撲が開催中は、電車通勤の力士(幕下以下)が両国駅を利用している。
駅周辺にには、ちゃんこのお店が何軒もある。
JR両国駅から「すみだ北斎美術館」に向かって歩き出す。
墨田区両国は、江戸時代にタイムスリップできるスポットがある。
江戸の暮らしぶりを知ることができる「江戸東京博物館」。
浮世絵師・葛飾北斎の作品が展示されている「すみだ北斎美術館」等。
駅から10分ほどで「すみだ北斎美術館」に着いた。企画展を鑑賞。
北斎の数々の作品に魅了される。
※画像/すみだ北斎美術館
    葛飾北斎は、墨田区で生まれ育つ。