スマホで撮る!東京モノトーン

Leicaのレンズが搭載されている中国製のスマホを買いました。
スマホカメラの性能の良さにビックリ!
カラー撮影ではなく、モノクロ撮影で都内を散策します。

東京モノトーン〈55〉広小路

全国に「〇〇広小路」と付く地名がいくつぐらいあるのか興味がある。
広小路(ひろこうじ)という言葉には、とても良い響きがある。
都内にもいくつかの広小路がある。
・両国広小路(墨田区)
・上野広小路(台東区)
・浅草広小路(台東区)
・大崎広小路(品川区)
上記地名は、現在住所としては使われていない。
広小路の歴史を調べてみると、
響の良い言葉とは正反対に悲しい歴史があった。
江戸時代、江戸には大火が何度もあり、大勢の町民が亡くなっている。
この大火を防ぐためにできたのが広小路(火除け地)で、
火災の延焼を食い止めるための広場であった。「ヘェ~!知らなかった」
この場所は当時、常設の建物を造ることはできなかったが、
仮設の屋台や芝居小屋の設置は許されており、
江戸町人の歓楽地になっていた。
「火事と喧嘩は江戸の華」と言われていた時代、
火災を食い止める「火除け地」が作られていたなんて……
先人の防災意識に驚かされる。
※画像/浅草広小路(現・雷門通り)
    吾妻橋交差点角にある神谷バー(日本最初のバー)