スマホで撮る!東京モノトーン

Leicaのレンズが搭載されている中国製のスマホを買いました。
スマホカメラの性能の良さにビックリ!
カラー撮影ではなく、モノクロ撮影で都内を散策します。

東京モノトーン〈37〉時代遅れ

棚のボックスの中からほこりだらけのCDウォークマンが出てきた。
どのくらい前に買ったものなのか記憶がない。
音楽はジャズが好きで、時々自宅のオーディオコンポで聴いている。
しかし、音楽を持ち運び、聴くことはなくなった。
同時に、携帯プレーヤーにも興味がなくなった。
雑誌を見ていたら、気になる見出しを目にした。
「終わりを迎えたiPodの時代」
(iPod nanoとiPod shuffleが2017年7月28日販売終了した)
今や「ストリーミング音楽配信」の時代のようである。
ストリーミングって何?今までとどこが違うの?
サーバーにストックされた曲をストリーミングで再生できる仕組み。
今までは、携帯プレーヤーに
曲をダウウロードしていたが、その手間が省ける。
定額料金で聞き放題。スマホでも聴くことができるとのこと。
へェ~!知らなかった!
久しぶりに、JR秋葉原駅に隣接した「マルチメディアAkiba  (画像)」へ立ち寄った。
各階にパソコン、カメラ、家電、レジャー用品などがズラリ。
店内をウロウロ、興味のある売り場を歩き回った。
最近、若者にレコードが人気があるというニュースは聞いていた。
確かにレコードプレーヤーの売り場で、
年配の人に混じって20歳代の若い人もいた。
昨年(2016年)のレコードの国内生産枚数は79万枚。
過去10年間で最多になったとのこと。
便利で使いやすくなっていく携帯プレーヤーとは、相反するレコード。
若者は、レコードをどう感じているのだろうか?
レコードを手にした時の高揚感とぬくもりは、
若者にとっても同じはず。レコードは時代遅れだけど新しい。