スマホで撮る!東京モノトーン

Leicaのレンズが搭載されている中国製のスマホを買いました。
スマホカメラの性能の良さにビックリ!
カラー撮影ではなく、モノクロ撮影で都内を散策します。

東京モノトーン〈36〉岡倉天心

JR御茶ノ水駅で中央線の下り電車を待つていた。
ホーム対面の敷地に大きな広告看板が設置されている。
その中に「ボストン美術館の至宝展」の広告(画像)があった。 
看板中央にゴッホの絵が大きくレイアウトされている。
この展覧会は、上野にある東京都美術館で開催されている。 
看板を見ているだけでも楽しくなる。
話は横道にそれるが、岡倉天心のことを知りたくなった。
1863年生まれ。明治・大正の美術運動の指導者。
天心は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の開校に奔走し、
わずか28歳で、東京美術学校の校長になった。
近代国家にふさわしい新しい絵画の創造を目指し、
横山大観を始め、気鋭の作家たちを育てた。
その後、天心は校長の職を退いた後、1898年に日本美術院を創設。
大観らと共に近代日本画の発展に貢献した。
晩年、天心はボストン美術館に在職し、
日本、中国、インドなどの美術の収集に力を入れた。
現在行われている「ボストン美術館の至宝展」には、
古今東西の傑作80展が集結。日本画なども里帰りをして、展示されている。
●ボストン美術館の至宝展
・東京都美術館/開催中~10月9日
・神戸市立博物館/10月28日~2018年2月4日
・名古屋ボストン美術館/2018年2月18日~7月1日