スマホで撮る!東京モノトーン

Leicaのレンズが搭載されている中国製のスマホを買いました。
スマホカメラの性能の良さにビックリ!
カラー撮影ではなく、モノクロ撮影で都内を散策します。

東京モノトーン〈33〉お盆と六本木

東京のお盆は7月13日が迎え火。16日が送り火。
毎年思うことだが、7月のお盆は、しっくりこない。
東京でも町内の盆踊り大会は、8月になってから開催される地区が多い。
わが家の祖霊も7月のお盆ではなく、
8月の旧盆の方が賑やかで喜ぶのではないかと思う。
東京近郊のお盆は、ほとんどが8月に行われている。
とわ言え、7月13日、お盆の墓参りに出かけた。
大江戸線・六本木駅から歩いて10分。小さな寺ではあるが、
ここにわが家の墓地がある。また、この寺の檀家でもある。
春秋のお彼岸とお盆、年に3度はお墓参りをする。
墓地からは、六本木ヒルズや高層ビルが見える。
周りを高いビルに囲まれた墓地は、より圧迫感を感じる。
ご先祖の墓は六本木にあるが、わたし自身は郊外で育ったので、
六本木という街には、それほど愛着はない。
しかし、この街に来ると刺激を受けるのは事実だ。
ファッション、お店、建物など…流行を感じ取ることができる。
モダンな街になったこの街を、ご先祖はどう思っているのだろうか?
暑い午後、暮石に水をかけ、お花とお線香を供え合掌。
※画像/六本木ヒルズ・ウインドウディスプレイ