スマホで撮る!東京モノトーン

Leicaのレンズが搭載されている中国製のスマホを買いました。
スマホカメラの性能の良さにビックリ!
カラー撮影ではなく、モノクロ撮影で都内を散策します。

東京モノトーン〈31〉天神さま

用事を済ませた後、文京区にある湯島天神(湯島天満宮)を参拝。
参拝客は、それほど多くなくゆったりお参りができた。
拝殿から巫女さんに導かれて、お宮参りに来た家族が出て着た。
おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔が印象的だった。
お宮参りは一般的には生後、男の子は31日目、女の子は33日目に参拝。
でも、地域によって異なるようだ。
天神さまといえば、京都の北野天満宮や福岡の太宰府天満宮が有名である。
大阪天満宮や亀戸天神社もよく知られている。
天神さまは、学問の神様として有名な
菅原道真(すがわらのみちざね)を祀っている神社。
受験シーズンには、受験生が合格祈願に訪れ、参拝する。
ところで、菅原道真は、いつの時代に何をした人?
平安時代の貴族であり、朝廷時代に文人社会の中心的存在であった。
道真は、朝廷内で家柄を超えて、破格の昇進をする。
その後、道真の政(まつりごと)に不満を抱く他の有力貴族との対立があり、
政変に巻き込まれる。
結果、道真は左遷され、太宰府浄妙院に謹慎。
その地で薨去(こうぎょ)。享年59。
没後「天満大自在天神」という神格で祀られ、
道真の神霊は「天神信仰」として各地に広まる。
道真は、左遷され都に帰ることなく亡くなったが、
生存中に成し得た功績は大きく、人望も厚かったのではないかと想像できる。
だからこそ、天神さまとして現在まで慕われているような気がする。